アメリカの兆し <1> 安藤茂彌の「シリコンバレー コラム」  
 
  • 筆者紹介
     安藤茂彌(Shigeya Ando)さんは1945年に東京に生まれ、東京大学法学部を卒業して三菱銀行(当時)に入行。1973年にマサチューセッツ工科大学(MIT)経営学大学院で修士号を取得されました。
     三菱銀行横浜支店長などを歴任後、1996年4月に退職。5月に渡米してハイテク・コンサルティング業務に従事。1998年7月にベンチャー・アクセス社を設立、米国ベンチャー企業をインターネット上で紹介する事業を展開しています。  またシリコンバレーで最も著名なハイテク・コンサルタント会社、マッケンナ・グループ(代表者:レジス・マッケンナ、所在:パロアルト市)の社外顧問(Fellow)を務めておられます。

    ◆ベンチャー・アクセス社
      住所 1100 Sharon Park Drive、 Suite6、Menlo Park、CA 94025 U.S.A
      電話 650-233-0790 FAX 650-233-1969
      E-mail sando@ventureaccess.com
      ベンチャー・アクセス社のページへ [http://www.ventureaccess.com]

シリコンバレーコラム  
 

[2001/07] 「モバイル--日本の温度差
[2001/06] 「日本人の人口が減った?!」
[2001/05] 「2匹のねずみ」になることとは? ベンチャー生き残り術」
[2001/04] 「ドットコムショック」その後、さまざまな人々の表情
[2001/03] 「シリコンバレーの人事部長」
[2001/01] 「2001年の注目技術はP2P?」
[2000/12] 「ドットコム企業、リアル求める女性に敗れる?」
[2000/11] 「ノーベル賞に冷淡なスタンフォード大学」
[2000/07] 「ランゲージ・デバイド」
[2000/07] 「遊びインターネットと仕事インターネット」
[1999/12] 「Institutionalizeと戦意喪失」
[1999/11] 「アメリカのバブル破裂を望む前に、憂慮すべきは」
[1999/10] 「ヒューレット・パッカード社の自己改革」
[1999/05] 「米国の最低資本金」
[1999/04] 「シリコンバレーの夜学」
[1999/03] 「活語と死語」

[21CB top]